会社設立は合同会社がおすすめ - 自分でやってみる?会社設立

自分でやってみる?会社設立
Home » 自分で会社設立するには » 会社設立は合同会社がおすすめ
自分で会社設立するには | 10月21日更新

会社設立は合同会社がおすすめ

 

会社設立をする際、普通は株式会社という形態を想像するはずです。
日本では株式会社の信頼が厚く、未だに会社設立と言えば株式会社で行うという方も多いのが現状となっています。
そもそも株式会社とはどういうものなのかというと、簡単に言えば株式を発行して、それに出資してくれる人が集まることで資金を確保する会社設立方法となります。
株式があるので、実際には会社の所有者や経営・運営する人、働く人の権利も違うのです。
株式会社に関しては、運営や経営に関しても株主の意見が必要となり、実際には事業との乖離が生まれてしまっています。
株式会社はメリットも多いですが、その実デメリットもあるのが特徴です。
近年はそんなこともあって、合同会社で会社設立を行う方が多くなっています。

合同会社とはどういうものなのかというと、経営・運営する人と出資する人が同一であるという点に特徴があります。
出資する人全員が有限責任社員であるという特徴を持っていて、実際に負債などが発生した場合は全員で責任を負うという形となります。
無限責任となることも多い他の形態での会社設立は、やはりリスクも大きいです。
それに比べて合同会社はリスクを他の人と分散できるという点が人気となっています。
また、運営・経営する人と出資する人が同一なので、会社の経営や運営に関する決定もスムーズとなります。
株式会社の場合は、株主などの意見も聞いてから行動することが多いでしょう。
しかし、合同会社の場合はそういうこともあまりないので、安心して対応が可能です。
これから会社設立をする方は、どの方法が良いのかについても考えておくと良いでしょう。

ちなみに会社設立に関する相談は、司法書士や行政書士、税理士に行うと良いです。
基本的には株式会社が人気ですが、近年はその限りとは言えない状況となっています。
まず、経営や運営の仕方から変わってくるので、しっかりと考えて対処すれば、やはり大きく変わってくるのも事実です。
上手に会社設立をするためには、どうすれば良いのかをしっかり考えてみてください。
そうすることで、より魅力も増えていくのではないでしょうか。
会社設立に関しては、これから新しい門出を見つけていくための方法でもあります。
経営や運営を考えているのなら、株式会社にこだわる必要はありません。
むしろ合同会社などの方が良い場合もあります。
それも考えた上で、会社設立を行ってみてはいかがでしょうか。