自分で会社設立するにはの記事一覧 - 自分でやってみる?会社設立

自分でやってみる?会社設立

自分で会社設立するには

自分で会社設立するには | 11月21日更新

設立日に設定できるのはいつ?

 

会社設立をしたいという人の中には、自分が立てたスケジュールに沿って設立したいという人もいるでしょう。
設立日に関しては自分で決めることができるのですが、お正月や仕事の休みを利用して会社設立をしたいと考えたり、自分の誕生日に合わせて設立したいと思う人もいるでしょう。

 

・土日祝日でも大丈夫?
もちろん、会社設立をしたい場合は定款の作成・認証が完了していて、登記の申請を行えば会社設立が可能です。
登記の申請を行った日が会社設立日となるため、自分があらかじめ設定した設立日に登記の申請を行えば予定通りに会社設立が出来ますよ。
しかし、登記の申請を行う法務局と言うのは、年末年始や土日祝日などは閉まっているため、申請を行うことが出来ません。
よって、あらかじめ決めておいた設立日や、自分の誕生日が土日祝日と重なってしまった場合は、設立日をずらして登記の申請を行わなくてはなりません。
やむおえず設立日をずらさなくてはならない場合は、月初めを避けたほうがいいでしょう。
月初めに会社設立をしてしまうと税金を多く納付しなければならなくなるので注意が必要です。

 

・法務局は何時から何時まで開いているの?
会社設立をしたいと考える人の中には、仕事をしながら会社設立の準備をしている、短期間で手続きを完了させるために1日でいろんな手続きをしているという人もいるでしょう。
法務局は午前8:30~午後5:15までとなるので、こういった人達は時間に遅れないように登記の申請を行いましょう。
仮に、仕事や他の手続きが忙しくて法務局に行けず、登記書類を郵送で送った場合は、登記書類が到着した日が設立日となりますよ。

 

このように会社の設立日は自分で決めることができるのですが、土日祝日は手続きが出来ないので設立日に設定することは出来ません。
あらかじめ設定しておいた設立日が運悪く土日祝日に重なってしまったときは、設定日をずらして平日に設定し直しましょう。
法務局は開いている時間が少ないので、仕事をしながら会社設立の準備をしている、1日にいろんな手続きをしているという人は時間に余裕をもって動ける日に登記の申請を行ったほうがいいでしょう。
会社設立を行うときは手帳やカレンダーなどを活用してスケジュールを組んでいき、いつ何の手続きを行うかを書いておくと設立日も設定しやすくなると考えられます。
こういった物を使ってスケジュールを組んでおけば、登記の申請を行う際に「閉まっていて申請が出来ない」ということもなくなりますよ。

自分で会社設立するには | 10月21日更新

会社設立は合同会社がおすすめ

 

会社設立をする際、普通は株式会社という形態を想像するはずです。
日本では株式会社の信頼が厚く、未だに会社設立と言えば株式会社で行うという方も多いのが現状となっています。
そもそも株式会社とはどういうものなのかというと、簡単に言えば株式を発行して、それに出資してくれる人が集まることで資金を確保する会社設立方法となります。
株式があるので、実際には会社の所有者や経営・運営する人、働く人の権利も違うのです。
株式会社に関しては、運営や経営に関しても株主の意見が必要となり、実際には事業との乖離が生まれてしまっています。
株式会社はメリットも多いですが、その実デメリットもあるのが特徴です。
近年はそんなこともあって、合同会社で会社設立を行う方が多くなっています。

合同会社とはどういうものなのかというと、経営・運営する人と出資する人が同一であるという点に特徴があります。
出資する人全員が有限責任社員であるという特徴を持っていて、実際に負債などが発生した場合は全員で責任を負うという形となります。
無限責任となることも多い他の形態での会社設立は、やはりリスクも大きいです。
それに比べて合同会社はリスクを他の人と分散できるという点が人気となっています。
また、運営・経営する人と出資する人が同一なので、会社の経営や運営に関する決定もスムーズとなります。
株式会社の場合は、株主などの意見も聞いてから行動することが多いでしょう。
しかし、合同会社の場合はそういうこともあまりないので、安心して対応が可能です。
これから会社設立をする方は、どの方法が良いのかについても考えておくと良いでしょう。

ちなみに会社設立に関する相談は、司法書士や行政書士、税理士に行うと良いです。
基本的には株式会社が人気ですが、近年はその限りとは言えない状況となっています。
まず、経営や運営の仕方から変わってくるので、しっかりと考えて対処すれば、やはり大きく変わってくるのも事実です。
上手に会社設立をするためには、どうすれば良いのかをしっかり考えてみてください。
そうすることで、より魅力も増えていくのではないでしょうか。
会社設立に関しては、これから新しい門出を見つけていくための方法でもあります。
経営や運営を考えているのなら、株式会社にこだわる必要はありません。
むしろ合同会社などの方が良い場合もあります。
それも考えた上で、会社設立を行ってみてはいかがでしょうか。

自分で会社設立するには | 09月21日更新

会社設立するときの費用と手数料はいくら?株式会社と合同会社の費用の違い!

 

会社設立を考えたときどれくらいの費用がかかるのかと思った人も多いと思います。
会社設立をするときは収入印紙代、定款の謄本をもらうときの手数料、登録免許税などがかかります。
そこで、会社設立にはどのくらいの費用が必要なのか、手数料としていくら支払わなければならないのかについて見ていきましょう。

 

・株式会社で会社設立をする場合の費用と手数料について!
株式会社となる法人の会社設立をしたい場合は、費用として定款に貼る収入印紙代と公証人に支払う手数料、定款の謄本をもらうのに必要な手数料、登録免許税などの費用がかかります。
それぞれの費用については、定款に貼る収入印紙代が40,000円、公証人に支払う手数料が50,000円、定款の謄本をもらうのに必要な手数料が1ページ250円、登録免許税として登記を行うときに150,000円程度の費用が必要になります。
この際、手数料としてかかる費用は全部で、50,000円+250円×ページ数で、大体52,000円程度かかると思っておいたほうがいいと思います。
定款の謄本が必要ないという場合はこの手数料を省くことができるのですが、それでも240,000円程度の費用がかかってしまいます。
もっと安く会社設立をしたい場合は、電子定款で認証を受けると200,000円程度の費用で会社を設立できますよ。

 

・合同会社で会社設立をする場合の費用と手数料について!
株式会社を新たに設立するのではなく、合同の会社を設立する場合は上記であげた費用よりも安く会社設立が出来ます。
というのも、合同会社を設立する場合は登録免許税が安くなるからです。
登録免許税は6万円または資本金額の0.7%のうち高い方となります。
また、電子定款で認証を受ける場合は収入印紙代がかからないので、登録免許税だけとなり公証人に支払う手数料も必要なくなります。
なので、合同会社を設立するのであれば、登録免許税である60,000円~100,000円程度の費用で会社を設立できますよ。

 

このように、株式会社を新たに設立するのと、合同会社を設立するのとでは費用に差が出てしまいます。
株式会社として会社設立をしたい場合は、公証人に支払う手数料として50,000円かかってしまうのですが、合同会社になるとこれが不要となります。
会社を設立させたい場合は株式会社を設立するのか、合同会社を設立するのかをよく考えて会社設立をするようにしましょう。
手数料や登録免許税などの兼ね合いで費用に大きな差が出てしまうので、慎重に考えて会社設立を行うべきであると考えられます。

自分で会社設立するには | 08月21日更新

会社設立時にお花でお祝いする

 

会社の設立というのはとても面倒なのですが、この面倒な作業を代行してくれる業者や、初心者向けにいろいろとサポートしてくれる業者も存在しています。
このようなところに助けてもらうことで、面倒な作業を軽減し、不明な点も解決できるのです。

もちろん最初から最後まで自分で行うことも不可能ではありませんが、数多くの書類を集めて作成し、これらを提出するという作業がたくさんあるので、実際の会社経営と同じぐらい苦労するでしょう。
多くの人は会社を何度も設立することはありませんので、最初で最後になるのが一般的です。

仕事は経験を積めば慣れてきますが、会社の設立というのは慣れるということがありません。
だからこそ助けてくれる業者を頼る人が多いですし、助けてもらうことをおすすめします。

現在ではインターネットにも、どのようにして会社を設立するのかが記載されていますが、全ての工程について解説してあるとは限りません。
自分で行う場合には、インターネットの情報も複数参考にして、できるだけ公的機関のサイトを見るようにしましょう。

できれば書籍を購入しておくと、より分かりやすくなるでしょう。
このように自分で全て行ってみるのもよいですが、仮に専門の業者に助けてもらったとしても、自分で行うよりは遥かに簡単になるものの、比較的大変な作業になることに変わりはありません。

苦労して立ち上げた会社なので、友人や知人が設立した場合には、お祝いに何かをプレゼントしたいと考える人も多いでしょう。
特に自分が起業したときにお祝いをくれた人の場合には、当然相手が会社の設立をした場合でも何かお祝いをする場合が多いのです。

問題なのは、何を贈るのかという点なのですが、定番なのはお花でしょう。
お花にもいろいろと種類があるのですが、やはり胡蝶蘭がふさわしいと言えます。

胡蝶蘭は縁起のよいお花ですし、高級な植物なので、贈られて困るようなことはありません。
どのお花にしようか迷ったときには、胡蝶蘭を贈るのがよいのですが、マナーが存在しているので注意しないといけません。

贈る日は起業した当日か、もしくは前日や前々日が望ましいでしょう。
贈るときには筆書きの札を付けておくことも忘れてはいけません。

ラッピングもきちんとしてもらう必要があるのですが、通常は購入したときに行ってくれるので、心配はいりません。
少し親しいぐらいの人であれば3本立てがよいですし、以前にお祝いを贈ってくれた人やかなりお世話になっている人の場合には、5本立ての胡蝶蘭を贈るべきです。

自分で会社設立するには | 06月09日更新

会社設立は自分で?それとも代行?どっちが良いか徹底検証!

起業ブームが起きている今、この瞬間にも日本のどこかで新しい会社が生まれています。
自ら会社を興して自分のやりたいことを形にしたり、自分自身の力を試してみようという人が増えてくると社会に活気が生まれます。
こうした力が日本の経済を回復させていくのではないかと、今では国が起業を後押しするほどです。
(さらに…)

自分で会社設立するには | 06月09日更新

自分でやるとかかる日数はどのくらい?

不況のあおりから、自ら起業して会社を興す人が増えてきている昨今。
スタートアップカフェなどと呼ばれる創業支援施設などを活用しながら、老若男女を問わず会社設立にチャレンジする人が年々増加してきています。
しかし、実際に会社設立を自分でやってみよう!と思ったら…どのくらいの日数がかかるものなのでしょうか?
ここでは、会社設立を自分でやるとどのくらいの日数がかかるものなのか、実際に検証してみましょう。
(さらに…)

自分で会社設立するには | 06月09日更新

登記を自分でやってみよう

老若男女を問わず、多くの人が注目をしている「起業」や「会社設立」。
今は会社に勤めているけど「いつかは自分で会社を設立したい」と思っている若者や、リタイヤした後に自らの生きがいとして起業をする人など…
どんな人にも、自分の力で会社を設立するチャンスがあります。
(さらに…)

自分で会社設立するには | 06月09日更新

どこに相談?会社設立

政府や自治体が全面的に進めていることもあって、今世の中は空前の「起業ブーム」にあります。
今現在は会社に勤めている人たちの中にも、いつかは「自分の会社を設立したい」と思っている人がたくさんいるのです。
最近では、インターネットや書籍などでも起業や会社設立に関する情報が数多く出ているので、自分で調べれば何とかなるだろう」と見切り発進してしまう人もいるようです。
大阪でおすすめの会社設立代行会社ならこちら
(さらに…)

自分で会社設立するには | 06月09日更新

一人で行うのは難しい?

いくら世間で「景気が回復傾向」にあると言われても、中小企業に勤めているサラリーマンなどはなかなかそれを実感できないのが現状…
そんな厳しい現状を抱えるサラリーマン層を中心に注目を集めているのが「起業」や「会社設立」です。
現代社会では、国が率先して創業支援を後押しするほどに「起業ブーム」が起きていると言われています。
(さらに…)

自分で会社設立するには | 06月09日更新

手続き手順について

最近、特に若者を中心に人気を集めている「起業」や「会社設立」。
今はどこかの会社に勤めている人の中にも、将来は自ら起業して会社を興したいという人は少なくありません。
「数年会社勤めをして実力をつけてから起業を…」などと考えているような人でも、思いがけず起業のチャンスがやってこないとも限りません。
そんな時に備えて、今のうちから起業や会社設立についての知識をしっかりと身につけておきましょう。
ここでは、自ら会社設立をする時にどのような手続きをどのような手順で行えばいいのかということについてお伝えしていきます。
(さらに…)