会社設立は自分でできるものなの? - 自分でやってみる?会社設立

自分でやってみる?会社設立
Home » 自分で会社設立するには » 会社設立は自分でできるものなの?
自分で会社設立するには | 06月09日更新

会社設立は自分でできるものなの?

今、世の中は空前の「起業」ブームだと言われています。
現在は会社勤めをしている人の中にも、将来の起業を夢見て頑張っている人は少なくないようです。
起業のチャンスは、思いがけないシチュエーションで訪れるもの。
将来にそうした理想を夢見ているのであれば、ぜひその時に備えてしっかり知識を身につけていくようにしておきたいものですね。

そこで、起業を夢見る多くの人が気になるのが「会社設立は自分でできるのか?」ということです。
一般的には、会社設立を考える人は起業コンサルタントや税理士、司法書士など、専門的な知識を持つ専門家に依頼して手続きを行います。
しかし、会社が軌道に乗るまでにはある程度の資金を残しておきたいもの。
最初の会社設立にかかる初期費用は極力抑えたいと思うものではないでしょうか。
そこでここでは、会社設立は自分でできるものなのか?ということについてお伝えしていきます。

結論から言えば、会社設立は自分でできるものです。
会社設立にかかる手続きや申請などを全て自分自身で行うことができれば、専門家に頼らなくても全て自分の力で進めていくことができます。

まず、会社設立のために必ず必要となる「定款」を作成しましょう。
定款を作成して認証するためには数万円の費用が発生します。
特に認証のために必要な費用を節約するには、定款を「電子定款」にする必要があるのですが、自分で作るには特別な機器が必要となるので結果的に費用がかさむケースもあります。
定款を作成して認証が完了したら、登記申請を行います。
登記が完了して、税務署に個人事業開業届を行えば「会社設立」に必要な手続きは終わりです。

この手続きが自分でスムーズにできさえすれば、会社設立は自分でできるものだと言えます。
自分ですべてを完了するためには、ひとつひとつの手続き作業に対する正しい知識や手順を理解しておくことが大切です。
あなたもぜひ、自分の将来のために会社設立に関する知識をしっかりと身につけておきましょう。