必要な手続き内容 - 自分でやってみる?会社設立

自分でやってみる?会社設立
Home » 自分で会社設立するには » 必要な手続き内容
自分で会社設立するには | 06月09日更新

必要な手続き内容

現代社会において今とても注目されている分野のひとつである「起業」や「会社設立」。
スタートアップや週末起業などという言葉をよく耳にするようになった今、多くの人が「いずれは自分の会社をもちたい」と思っているようです。
しかし、それまで全く起業や会社設立について学んできていない人にとって、いざ会社設立をする時にどんな手続き内容を行えば良いのかが分からないという人は少なくありません。
そこでここでは、実際の会社設立の際に必要となる手続き内容についてお伝えしていきます。

まず、会社設立を決意したら「印鑑」を準備することから始めましょう。
設立する会社の名前を決めたら、その会社で使用する印鑑を先に作ります。
印鑑は、会社設立の手続きの際に必ず必要になるものです。
各種手続きの印章はもちろん、登記などの大切な手続きの際にも必ず印鑑が必要です。

会社設立の時には「代表者印」「銀行印」「社印」「ゴム印」といった4種類の印鑑を作りましょう。
代表者印は法人実印とも呼ばれる大切な印鑑で、形態に決まりはないのですが法務局に届出を出して登録しなくてはならないものです。
銀行印は、代表者印とは別に作成しておく方が良い印鑑で、会社の口座開設の際には必ず必要になるものですから、これも準備しておきます。
社印やゴム印は、実際の会社設立が完了して実務がスタートするまでに作成しておきましょう。

印鑑の準備が終わったら、いよいよ会社設立に向けて準備をしていきます。
会社の理事や役員、運営について記した「定款」を作成して、定款の認証手続いを行います。
定款の認証手続きが完了したら、会社登記の書類を作成していきましょう。
会社設立登記の申請は法務局に対して行います。
登記申請の書類は持参でも郵送でも大丈夫なので、定款認証が終わったら速やかに行いましょう。
そうして税務署に会社開業の届け出を行えば、会社設立のための手続き内容はすべて完了です。

あなたもぜひ、自分の会社設立を決意した時にはこちらを参考にしてみてくださいね。