会社設立は自分で?それとも代行?どっちが良いか徹底検証! - 自分でやってみる?会社設立

自分でやってみる?会社設立
Home » 自分で会社設立するには » 会社設立は自分で?それとも代行?どっちが良いか徹底検証!
自分で会社設立するには | 06月09日更新

会社設立は自分で?それとも代行?どっちが良いか徹底検証!

起業ブームが起きている今、この瞬間にも日本のどこかで新しい会社が生まれています。
自ら会社を興して自分のやりたいことを形にしたり、自分自身の力を試してみようという人が増えてくると社会に活気が生まれます。
こうした力が日本の経済を回復させていくのではないかと、今では国が起業を後押しするほどです。

しかし、個人事業主と違って会社を設立するとなると、様々な手続きが必要になってきます。
もちろん、会社設立の手続きは自分一人でも行うことができますが、専門的な知識を要する書類も多いため大変です。
そこで今増えてきているのが、会社設立を代行してくれるコンサルタントや専門家の存在です。
会社設立時にあまり資本金の準備がない人にとっては、専門家に頼むと「費用がかさむのでは?」と心配になるものです。
そこでここでは、実際に会社設立の手続きを自分で行う場合と、代行してもらう場合とではどっちが良いのかをお伝えしていきます。

会社設立を全て自分でやろうとする人の動機の多くは「費用の節約」が目的です。
そこで、まずは自分で行う場合と代行に依頼する場合との費用の違いについて検証してみましょう。
会社設立の際に必ず必要になる「定款」ですが、定款は当然ですが自分で作成して認証してもらうことも可能です。
その場合には、紙の定款を作成することになるので、定款認証料とは別に収入印紙代がかかります。
この収入印紙代を節約できるのが「電子定款」の存在です。
電子定款は、特殊な機器がないと作成できないものなので司法書士や行政書士などの専門家に依頼して作成してもらわなくてはなりません。
この作成料と収入印紙代だとあまり金額に差がないので、定款は自分で作成し認証しても、専門家に依頼しても金額的に大きな違いはないのです。

更に、登記や許認可など…会社設立のために必要な申請には、やはり専門的な知識を要するものも多くあります。
そうしたことを踏まえて、費用面を考慮しても、自分で行うのと代行を依頼するのとではそこまで大きな差はないのです。
どっちが良いかを決めるのは、あくまで会社設立をするあなた自身です。
どっちを選んでも、一生の決断になるので後悔がないようにしていきたいものですね。