登記を自分でやってみよう - 自分でやってみる?会社設立

自分でやってみる?会社設立
Home » 自分で会社設立するには » 登記を自分でやってみよう
自分で会社設立するには | 06月09日更新

登記を自分でやってみよう

老若男女を問わず、多くの人が注目をしている「起業」や「会社設立」。
今は会社に勤めているけど「いつかは自分で会社を設立したい」と思っている若者や、リタイヤした後に自らの生きがいとして起業をする人など…
どんな人にも、自分の力で会社を設立するチャンスがあります。

最近では、インターネットや書籍などでも起業や会社設立に関する情報が多数あります。
ですから、起業や会社設立を志す多くの人がそうした情報を基に自ら会社設立をやってみようとするのです。
しかし、会社設立に関しては全てを自分でやってみるのは本当に大変なことです。
結論から先に言えば、会社設立時の登記などは自分でもやってみることができますが、専門的な知識が必要なので相当勉強しておかなくては難しいと言わざるを得ません。
そこでここでは、実際に会社設立登記を自分でやってみるとどうなるのかということについてお伝えしていきます。

会社設立登記をするためには、まず「定款」を作成しなくてはなりません。
定款は、会社の名前や事業目的、設立に関しての資金などの情報が明記された書類で、この書類がないと登記ができません。
ですから、まずは定款を作成して公証役場で認証してもらう必要があります。
最近流行りの「電子定款」だと認証時にかかる経費が一部節約できますが、電子定款は自分で作ることがとても難しい書類です。
なぜなら、電子定款を作成するためには特殊な機器が必ず必要だからです。
そのため、自分で全てをやってみる時には電子定款ではなく紙の定款を準備します。
定款を認証してもらったら、法務局へ行き設立登記の申請をします。

ここに至るまでに、定款の他にも法人実印などの準備や許認可の取得など…色々な準備があるのです。
会社設立を自分一人でやってみるのも良いですが、大変なことは専門家に頼ってみても良さそうですね。
あなたも、こちらの記事の内容を参考にして一度は自分で登記などをやってみても良いでしょう。
分からないことは、司法書士や税理士などの専門家に相談しつつ、それでも自分でやってみると会社に対して愛着もわいてくるのではないでしょうか。