一人で行うのは難しい? - 自分でやってみる?会社設立

自分でやってみる?会社設立
Home » 自分で会社設立するには » 一人で行うのは難しい?
自分で会社設立するには | 06月09日更新

一人で行うのは難しい?

いくら世間で「景気が回復傾向」にあると言われても、中小企業に勤めているサラリーマンなどはなかなかそれを実感できないのが現状…
そんな厳しい現状を抱えるサラリーマン層を中心に注目を集めているのが「起業」や「会社設立」です。
現代社会では、国が率先して創業支援を後押しするほどに「起業ブーム」が起きていると言われています。

実際に起業をして、自分の会社を設立し成功している人をみて「自分も会社を設立したい」と思う人は増えてきています。
しかし、いくら起業や会社設立を夢見ても、実際に会社設立を自分の力で行うのは「難しいのでは?」としり込みしている人も少なくありません。
そこでここでは、会社設立を一人で行うとどのような手続きが必要になるのかということについてお伝えしていきます。

先に結論から言うと…会社設立を一人で全て行うというのは、決して簡単なことではありません。
インターネットの起業サイトなどを見てみると「会社設立は簡単!」なんて記事を見かけることも多々ありますが、やはり会社設立の手続きを自分一人だけで全て行うことは難しいと言わざるを得ません。
ですが、難しい部分だけを専門家に頼ることで、ほとんどの手続きを自分一人の力で行うことは十分可能です。

例えば、会社設立の時に欠かせない「定款」ですが…法務局のホームページに記載例などが掲載されているので、もちろん自分で作ることはできます。
しかし、紙の定款を作成すると収入印紙代がかかるので「電子定款」を作りたいと思った時には、やはり自分一人で行うのは難しいのです。
なぜなら、電子定款を作成するには特殊な機器が必要になるため、個人が作成するにはコストも手間もかかるのです。
ですから、専門的な知識や特別な機器が必要な電子定款だけを起業の専門家に作成依頼して、あとの手続きは自分一人でやってみましょう。

定款を作成したら、会社設立登記をしなくてはなりません。
設立登記は法務局に対して書類を揃えてから提出します。
法人実印などの印鑑を準備したり、会社設立に必要な許認可を取得してからであれば登記はそう難しい手続きではありません。
会社設立登記を終えて、税務署へ会社開業届出を行えば、すぐにでも会社運営が始められます。
会社設立は、全て自分一人で行うと難しいかもしれませんが、専門家の力も借りつつであれば十分一人でも手続きすることができるものなのです。